宇都宮のソープ情報をご紹介 全国ソープランド情報サイト JNAVI

ソープ情報 > 宇都宮

Jナビ 宇都宮 ソープランド

宇都宮ソープは、関東地方の北部、栃木県の中部に位置する宇都宮市。宇都宮で一番の繁華街であるオリオン通りのひとつ北側にある通りに風俗街は存在します。大都市では繁華街に接して風俗街が立地するのはよくあることですが、ここまで大規模に堂々とソープが集積しているのは大変珍しい。
県庁や市役所前の通りは官庁街らしい並木道で、オリオン通りは典型的なアーケード街ですが、釜川沿いの旧河原町付近は田舎町の繁華街の風景が残り、宇都宮駅東 口のメイン通りには風俗店の看板が堂々と掲げられています。JR宇都宮駅から約1Km、徒歩で7分ほどですが、東部宇都宮線の東武宇都宮駅からなら風俗街までは目と鼻の先です。ソープ店は10件強が営業しており、 から 高級ソープランド店まで存在し、予算はやや低めのお店が多いので風俗初心者でも安心して遊べます。宇都宮で楽しく遊ぶためにも、宇都宮Jナビを参考に宇都宮風俗を利用してください。

宇都宮の風俗、料金や店舗数は?

現在、宇都宮ではネットで確認出来た中では10店舗以上の店があります。昨今、ソープが減少していることを考えると、これは非常に優秀な店舗数を誇っていると考えられます。 料金は、総額で20000円~というところが多いですね。そこで、注意したいのが入浴料と総額の違いについてです。まず、ソープは特殊な浴場の為、入るのに入浴料がかかります。そして、そこにいる女の子に払うお金というのは別に発生するのです。これは、ビギナーの方は間違えてしまいやすい点でもあるのですが、入浴料=総額という事ではありません。そこで、総額でいくら料金がかかるのかが記載されていない店の場合、予め問い合わせをする必要があります。 なぜなら、大体20000円程度だと思っていても、実際には30000円を超えてしまうケースもあります。そのため、しっかり把握する為にも利用前に総額を確認しておくようにしましょう。 ちなみに、宇都宮の場合、入浴料には差があります。60分で5000円の所もあれば、100分で10000円の所もあります。逆に、80分で5000円の所もありますね。この入浴料は店によっても分かれやすいポイントでもあるので、注意しましょう。

風俗を楽しむなら宇都宮へ行こう

宇都宮市は、栃木県の県庁所在地です。そのため、人の出入りも多い所です。また、市の東側には大規模な工業地帯も存在するため、日本でも有数の工業都市として知られる機会も多くなって来ました。 ちなみに、宇都宮の女性はどちらかというとお姉さんタイプでボーイッシュな感じの女性が多いです。ジメジメ悩んでいるよりも、明るく前を向いていくたくましいタイプの女性が多く、これはソープで働く女性も同様です。どちらかというと、ハッキリ物を言うタイプで、快活な女性が多いですね。 それだけに、プレイ中も笑わせてくれるような女性が多いです。これは、近県の女性とはまたタイプが違いますね。元々、男性は女性に癒しを求めて風俗に行く方が多いです。しかし、ソープの場合は風俗の王様として、それだけではなく高い技術力が求められます。そこで、技術力と明るい正確を兼ね備えた女性は人気が出るということです。 ちなみに、宇都宮は現在町の開発も進んでいて、しばらくぶりに行くと様子が変わっているのがわかります。それだけに人の出入りも豊富で、非常に活気のある街になっていますね。もちろん、活気のある街の方が風俗だって活気が出るのです。風俗遊びをするのにも、宇都宮は良い街ですね。